記事詳細

【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】マー君はメジャーで投げる姿が見たい! 200勝だって達成できる 楽天ドラ1の早川は楽しみ (1/2ページ)

 早いものでキャンプインまで10日ほど。僕も31日から沖縄に行く予定だが、今年はOBもグラウンドに入ることができず、外から練習風景を見ることしかできないようだ。

 それでも話題は豊富だと思う。阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(近大)はいい体をしていて、どんな打球を飛ばすのか楽しみ。僕の古巣だと中日1位の高橋宏斗投手(中京大中京高)もいるが、最も興味があるのは楽天に1位で入団した早川隆久投手(早大)だ。

 まだ映像でしか見ていないが、左腕から155キロの真っすぐを投げるのは魅力。ゆくゆくは僕が現役時代に対戦した、ソフトバンクの和田や杉内(現巨人投手コーチ)のような投手になっていってもらいたいし、そのレベルになれる素材だと思う。

 楽天は昨季、石井一久GMが優勝争いを掲げながら4位に終わり、「じゃあ、おまえが責任を取れ」という形で監督になったようだ。「楽天は何をしたいの?」という感じで、チームの方針が見えてこない。しかし、勝てばファンの感情も変わってくるもの。結果を出して、声援に応えるしかない。

 楽しみな早川が加わった楽天の投手陣には、ヤンキースからFAになって、まだ所属先が決まらない田中将大投手が戻ってくるかもしれないという報道も出ている。

関連ニュース