記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】成田美寿々 ラウンド前に「距離感を作る」 引き出しが多ければパッティングは崩壊しない (1/2ページ)

 アマチュアゴルファーのプレーを見ていていつも「もったいない」と思うのは、パッティングです。ショートパットのカップインの確率の低さはもちろんのこと、2メートル以上のミドルやそれ以上のロングパットでも、「もう少しカップに寄せることができれば、3パットにはならないのに」と思うことがよくあります。

 そんな人の中には、あまりにも失敗を繰り返してしまったために、ラウンド途中で距離感が崩壊してしまう人も。セットしたあとに、「どれくらいの強さで打っていいか分からない」と悩んでいる人も数多く見てきました。

 このような事態に陥らないためにも、ラウンド前には練習グリーンで自分なりの距離感をしっかり作っておくことが大事です。

 まず、練習グリーンに行ったら何も考えず、気持ち良くストロークしてください(写真〔1〕)。そして転がった距離が何歩だったかを計測し、記憶しておきましょう。

 もしそれが10歩で、実際のラウンドでボールからカップまでの歩数が12歩だったとしたら(同〔2〕)、気持ち良くストロークしたときよりも少し強めに打てばいいのです。

 このように何かしらの基準があれば、距離感が崩壊することはなくなるはずです。

 なお、ひとつ注意しておきたいのは、練習グリーンにも傾斜があるので、必ず両方向から打っておくことです。A地点から打ってボールが止まった地点まで10歩だったとしたら、そこからA地点に向かって打ってください。そして、そのときの歩数が12歩なら、「上り」10歩、「下り」12歩をひとつの基準にすればいいのです。

関連ニュース