記事詳細

【編集局から】コロナ禍の「1・17」…大切な日に変わりなく 阪神・淡路大震災から26年

 1月17日で阪神・淡路大震災から26年を迎えました。大阪で「全日本卓球選手権」取材のため、2年連続でその瞬間を神戸市内で迎えましたが、コロナ禍で追悼行事も様変わりしていました。

 例年は発生時刻の午前5時46分に合わせて会場のひとつ、東遊園地に足を運ぶのですが、密集を避けるため時間をずらして訪れ、手を合わせました。「1・17がんばろう」を形作る竹灯籠も、初めて一部を紙灯籠に変更。主催者からは「コロナ禍のため、竹を切り出し運ぶ人材や寄付金が不足した影響」と説明を受けました。

 筒にはおのおの、思いが記されています。「平和」「幸」「希望」といった文字が目立ちました。あのときは災害、今は疫病にさらされる日々。でも1年に1度、自分が住んでいた街で生死の境にいた原体験を振り返る意味で、「1・17」は大切な日に変わりはありません。

 会場では地元の高校生たちが、来場者に当時の話を聞こうと試行錯誤する姿も見かけました。彼女たちに震災の記憶はありませんが、いつかこのコロナ禍を生きた体験を、語り継がなければならない日が必ず来ます。次世代に伝える大切さをそっとささやいて、静かに会場を後にしました。 (運動部・山戸英州)