記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】川相氏も「びっくりした」阪神臨時コーチ招へい 年々深まる「中日色」に関係者警鐘 (2/2ページ)

 「同じ中日OBでも矢野監督とは入れ違いだが、井上ヘッドや新井、筒井両コーチなどとはチームメートの間柄だった。当然、話は持っていきやすいし、井上ヘッドあたりが交渉の窓口になったのではないか」

 そういえば阪神は昨年も中日OBの山本昌氏をキャンプの臨時投手コーチに招いており、年々深まる中日色に、阪神OBが苦々しい思いをしているのは事実である。

 「阪神には歴史はあっても伝統がないといわれるゆえんは、その辺にも表れている。いいか悪いかはともかく、首脳陣を外様で固めると、阪神OBはどうしても疎外される。そろそろ球団も目先のことばかりでなく、長期的なビジョンで将来の指導者を育てることを考えなくては…」と、先の関係者は薄れる阪神色に警鐘を鳴らしている。(スポーツライター・西本忠成)

関連ニュース