記事詳細

田中将大、楽天復帰が濃厚 米メディアも一斉報道「ヤンキースの時間は終わったようだ」

 ヤンキースからFAとなっている田中将大投手(32)について、26日の米メディアは一斉に古巣の楽天復帰が濃厚になったと報じた。ニューヨーク地元紙も「田中とヤンキースの時間は終わったようだ」と伝え、田中が日本復帰を選択する可能性が高いことを伝えている。

 ニューヨーク・ポスト紙は「ヤンキースが先発投手のクルーバーとタイロンを相次いで獲得したことから、ヤンキース先発陣に田中が入る余地がなくなったようだ。同時に、ヤンキースが使える金も少なくなった。楽天に戻る可能性が高まっている」とした。

 日本国内での楽天復帰報道を引用し、これを根拠としている米メディアも多い。MLB公式サイトは25日、サンケイスポーツ紙の記事を引用しながら、「田中のヤンキースとの7年間が完了したようだ。早ければ今週はじめにも楽天から正式なオファーがある見込みだ」と報じた。

 米メディア「ノースジャージーCOM」(電子版)も「楽天と田中の交渉は後半の段階に入っている」と伝えた。

 田中にはブルージェイズやエンゼルスなどが興味を持っているとされているが、具体的な動きは今のところ確認されていない。