記事詳細

時津風親方また違反、歓楽街&麻雀店に出歩き 相撲協会から解雇も

 大相撲の時津風親方(47)=元前頭時津海=が24日に千秋楽を迎えた初場所中にマージャン店に出入りしたり、歓楽街を出歩くなど、新型コロナウイルス対策のガイドライン違反をしていたことが27日、関係者の話で分かった。日本相撲協会は今後の理事会で処分を決める方針。同親方の違反は2度目であることから解雇を含めた厳罰は避けられない見通し。

 昨年9月にも友人に誘われて宮城県を旅行し、ゴルフコンペに参加していたことが明らかになっていた。秋場所を謹慎し、2階級降格処分を受けていた。

 時津風親方は長崎県五島市出身で、東農大卒。現役時代の最高位は東前頭3枚目。2007年10月に現役引退し、時津風部屋を継承した。時津風部屋は今場所、大関正代が優勝争いに加わり、最後まで出場した15人中12人が勝ち越しと好調だった。