記事詳細

春場所会場、大阪断念で両国に変更 力士大移動と感染対策困難か

 日本相撲協会は28日、春場所(3月14日初日)を例年の会場としてきたエディオンアリーナ大阪(大阪市)で行うことを断念し、両国国技館で開催すると発表した。

 地方での本場所は、昨年3月に大阪で行われた春場所が最後。5場所続けて国技館での開催となる。春場所が東京で行われるのは、大阪開催として本場所になった1953年以降初めて。

 協会は大阪での開催を目指し、春場所担当者や感染症の専門家を視察のため会場に派遣。新型コロナウイルス対策を検討してきたが、昨今の感染状況から方針の変更を余儀なくされた。

 芝田山広報部長は「緊急事態宣言が出ているうちは動けない。場所の直前に解除されても、準備ができていなければ大阪に入れない」と説明。通常は初日の2週間前に大阪入りするが、1000人を超える力士、親方ら協会員が大規模移動するリスクを考慮した形だ。

 会場の構造もネックとなった。国技館は1階のマス席がすり鉢状になっているため後方の扉から換気できるが、大阪の体育館は窓もない構造。マス席のやぐらで扉も塞がれてしまうため、国技館級の感染対策をとることが難しいと判断された。

関連ニュース