記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】田中将大の楽天復帰、単純に喜べない石井GM兼任新監督の内情 次は監督としてのノルマが待っている (2/2ページ)

 石井GMは一昨年、楽天史上初の生え抜き監督として1年目からAクラス入りの3位になった平石監督を解任した。球界関係者、球界OBからは非常識な行動として大ブーイングを浴びている。

 その際に、石井GMは「ウチはAクラス入りを求めている球団ではない。優勝を目指しているんだ」と大見得を切った。そして、ヤクルト時代から可愛がっている三木二軍監督を昇格させたが、その結果が優勝どころか、なんとBクラス転落だった。

 ワンマン三木谷オーナーが激怒したのは当然だろう。責任を問う代わりに、石井GMに対し兼任監督を命じたのだ。

 そんな経緯があるのだから、田中を楽天に復帰させ、観客動員増に成功しただけでは、石井GM兼任新監督の仕事は終わらない。監督としてのノルマが待っている。星野仙一監督が成し遂げた2013年楽天球団初の快挙の再現だ。

 大金を投じれば、それに見合った結果を要求するのが三木谷流。石井GM兼任新監督は正念場だ。(江尻良文)

関連ニュース