記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スイング分析~槙原寛己 大きな筋肉を使って打っているからリズム、テンポが狂わない (1/2ページ)

 槙原さんのスイングのいいところは、ドライバーショットでもアプローチでも常に同じリズムとテンポで打てている点です。特に、アプローチのようなコントロールスイングが必要なとき、一般的なアマチュアはリズム、テンポが狂いやすいのですが、槙原さんは常に安定したタイミングで打っています。

 なぜ、そういうことができるのかというと、小手先ではなく、大きい筋肉、特に下半身の筋肉でリズムとテンポを取って打っているからです。こういう点はアマチュアゴルファーも大いに見習うべきでしょう。

 その一方で、少しに気になるのが、ヘッドスピード以上に球がつかまっていないということ。このことは本人も気にしているようで、「もう少し飛ばしたい」と漏らしていました。

 “飛ばない”最大の原因は、グリップにあります。槙原さんの場合、ウィークグリップで、どうしてもトップでオープンフェースになってしまい、コスり球になってロフトが上を向きやすい。しかも、フルスイングになればなるほどその傾向が強くなるため、スピン量が多い、右にコスれたような弾道のフケ球になってしまうのです。しかも槙原さんは、左手だけでなく、右手も上からつかむような被った握りになっているのです。

関連ニュース