記事詳細

「独裁」森会長に五輪組織委が反発 女性蔑視発言に謝罪も収まらず…「邪魔です」与党からは初の“辞任要求”も (1/3ページ)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は4日、都内で取材に応じ、女性蔑視との批判を受けた前日3日の発言を「不適切だった」と撤回し謝罪した。しかし、謝罪の中にも開き直ったやりとりが散見され、異論を許さない森会長の体質がにじみ出す場面も。組織委内部には強権的な森会長に対する反発もあり、「会長への反感が東京五輪に向けられかねない」と危惧する声が上がっている。

 「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言して国内外から批判を浴びた森会長。一夜明けて、「五輪・パラの精神に反する不適切な表現だった。深く反省している。不愉快な思いをされた皆さまにはおわび申し上げたい」と謝罪した。国際オリンピック委員会(IOC)も4日、「森会長は謝罪した。この問題は決着したと考えている」との声明を発表した。

 森会長は、政官財、スポーツ界と幅広い人脈を持ち、IOC幹部との信頼関係もある。「(会長を)辞任するという考えはない。一生懸命献身的にお手伝いして(開催準備で)7年間やってきた。自分からどうしようという気持ちはない」と明言した。

関連ニュース