記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】「ポスト原」との見方もあるが…張本&堀内両氏が巨人・桑田コーチ補佐に“控えめエール”の裏事情 (2/2ページ)

 「もうオレたちの時代ではないと思っていた。青天の霹靂だ」と。その堀内政権も同じく2年間。そして、原第2次政権の誕生。今回の第3次原政権は巨人史上初の出来事だ。

 「監督人事は正式に発表されるまでは予定にすぎず、未定だ」というのは、球界の常識だが、その中でも突出しているのが巨人だ。それを身をもって知り尽くしている堀内氏。しかも「巨人軍史上、唯一優勝していない監督」などという不名誉な烙印を押されているのだから、たまらない。

 長嶋監督が「常勝巨人軍再現のためにはONに代わるOH砲しかない」と、読売新聞グループ総帥に直談判し、交換トレードで日本ハムから巨人入りした張本氏も同様だ。巨人軍の内情を熟知している。

 そんな2人が、ポスト原候補の1人としての入閣と言われる桑田新コーチへ意外なトーンダウンのエールを送った真意。ポスト原と勘違いし、勇み足をさせないようにブレーキをかけようとしたのだろう。(江尻良文)

関連ニュース