記事詳細

大坂なおみ初戦突破!「全米のファンはうるさいけど全豪は楽しい」 全豪OP開幕、錦織は初戦敗退も収穫 (1/2ページ)

 テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは8日、メルボルンで開幕。女子シングルス1回戦では、2年ぶり2度目の優勝を狙う第3シードの大坂なおみ(23)が、世界ランキング39位のアナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)を6-1、6-2と一蹴し、6年連続で2回戦進出を決めた。

 初戦からツアー12勝を誇る実力者が相手。「初戦でも決勝でも前夜は眠れないが、いつものように昨晩も眠れなかった。四大大会ではいいプレーをしたいので、それも想定内だった」と緊張も力に変え、サービスゲームを5つもブレークする完勝を収めた。

 コロナ対策で上限3万人の観客にも、「ファンがいてうれしかった。(全米オープンの)ニューヨークのファンはいつもうるさい感じだけど、全豪はファンの反応もあって楽しい」となおみ節全開。優勝賞金275万豪ドル(約2億2300万円)を目指し、次は43位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)と戦う。

関連ニュース