記事詳細

森会長発言、高まる抗議活動 「女性差別の五輪はいらない」JOC前で訴える

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言問題で9日、東京都新宿区の日本オリンピック委員会(JOC)前で約30人が抗議活動を行った。

 「世界中で非難の声 森会長今すぐやめろ!!」「女性差別の五輪はいらない」などと書かれた紙を持って並び、一人ずつ拡声器で森会長の辞任や五輪中止を訴えた。

 ジェンダー平等などを求める「ふぇみん婦人民主クラブ」が主催。ツイッターで「今日、森東京五輪組織委員会会長発言への抗議について、2月9日に、日本オリンピック委員会(JOC)へ抗議行動を行います! ★各自メッセージを書いたプラカードがあるといいですね。30分から1時間の予定!」と参加を呼び掛けた。

 共同代表の片岡栄子さんは「森さんの発言をなし崩しに忘れてしまうんじゃないか、そういう形で終わってしまうのではないか、というのが納得できない」と、抗議の声を上げた理由を説明した。