記事詳細

沢村、レッドソックスと2年契約 地元放送局「岡島のような活躍を期待」

 プロ野球ロッテから海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグ挑戦を目指していた沢村拓一投手(32)がレッドソックスと2年契約で合意したと15日、スポーツ専門サイト「アスレチック」が報じた。

 同サイトのケン・ローゼンタール記者は「沢村の契約は2年300万ドル(3億1500万円)。複雑なオプションが付き、最大で3年765万ドル(8億325万円)になる」とツイートした。

 レッドソックスはア・リーグ東地区の名門チーム。過去に松坂大輔、岡島秀樹、上原浩治、田沢純一らが活躍している。地元放送局「NBCスポーツ・ボストン」は、「岡島のような活躍を期待。松坂のような『ファンファーレ』でボストンに迎えられた訳ではなかったが、07年から4年連続50試合以上に登板。インパクトを与え、07年のワールドシリーズ制覇にも貢献した」と伝えた。

 昨季、地区最下位で抑えだったブランドン・ワークマンを放出。同局は「現状では沢村はクローザー候補の中のダークホース」としている。

関連ニュース