記事詳細

【最先端アマチュアスイング】パッティングの精度向上 トゥを浮かして構えるのが正解 (1/2ページ)

 体に無理のない安定したストロークをするためには、前傾角度をそれほど深くしないで構えること。また、腕も両ヒジを曲げないで、ショットのときと同じように両腕を真っすぐ伸ばした状態でパターを持ち、手首の角度もショットと同じ角度にします。

 そしてその角度をキープしたままストロークするというのが、私がお勧めするパッティングスタイルです。

 このような形でストロークするときに注意してほしいのが、パターのセットの仕方です。

 地面にあるボールを打つ通常のショットの場合、ほとんどの人がヘッドの先にコインが数枚入るような感じでトゥー側を浮かせて構えていると思います。

 ところがパッティングになると、パター上部の平面を自分にしっかり向けようとするあまり、ソールを地面にベタッと付けてしまい(写真〔1〕)、手元を吊ったような、ハンドアップ気味の構えになってしまいます。

 しかしこのように構えると、ヒジや手首が浮いて、肩甲骨が開いて肩が前に出てしまい、猫背のような姿勢になります。すると、肩だけが動いてしまうようなストロークになってしまいます。

関連ニュース