記事詳細

山下・小谷氏が急浮上! 五輪組織委会長候補 本命の橋本聖子氏は固辞、過去のセクハラ問題を不安視 (1/2ページ)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の後任を決める「候補者検討委員会」の第1回会合が、16日に行われる。本命とみられていた橋本聖子五輪相(56)が固辞する意向を示していることから、組織委の小谷実可子スポーツディレクター(54)、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)が有力候補として浮上している。 (編集委員・久保武司)

 橋本氏は組織委と政府が後任候補として一本化していたが、過去のセクハラ騒動が問題化することを強く不安視している。後任会長に就任すればセクハラ騒動が世界に拡散するのは確実で、橋本氏は周囲に固辞する意思を伝えている。翻意させるのは難しい情勢だ。

 そこで同じ女性で有力候補となっているのが小谷氏だ。1988年ソウル五輪では女性初の日本選手団の旗手を務め、アーティスティックスイミング(シンクロ)のソロとデュエットで銅メダルを獲得したオリンピアン。英語に堪能で、2020年東京五輪招致活動にはアスリートアンバサダーとして尽力した。現在はJOC理事、組織委スポーツディレクターと経歴は申し分ない。

 若々しさがあり、2児の母の顔も持つ。政治的な経験やバックグラウンドがないのでクリーンさがあるが、実際には政財界へのネゴも必要な役職だけに、実務的にリーダーシップを発揮していくことができるかには不安がある。支援体制を整えないと混乱する可能性もある。