記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】8割スイングで「最速」をつかめ ベストスイングのコツを見つけだすことが大事 (1/2ページ)

 一般ゴルファーのスイングは無駄に力んでしまっている場合がほとんど。そういう人ほどリラックスして打ったほうが、最速ヘッドスピードを引き出せることが多く、そのために生まれたのが、「8割の気持ちで振れ」というレッスンです。

 とはいえ、8割の気持ちで振ったからといって必ずヘッドスピードが最速になるとは限りません。

 実際にヘッドスピードが最速になる、自分のベストスイングをするためのコツを見つけだすことが大事です。

 これを見つけるためには、自分の感覚だけに頼るのではなく、測定器を使ってヘッドスピードを検証するのがベストです。そして、「この感じのスイングが最速ヘッドスピードを生む」というものがつかめたら、それを身体に覚え込ませます。

 このときの練習は、最速ヘッドスピードになっているかを1球ずつ検証しながら打つことが大切。「球数を多く打てばその分、上達する」と思っている人も多いようですが、基礎が身に付いていない人は、かえって悪いクセが染みつくだけ。ナイスショットを求めず、ミスヒットしても最速ヘッドスピードをキープすることを優先して、それが本当に8割の感覚なのかを確認しながら打つことをお勧めします。

関連ニュース