記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スイング分析~香田勲男 フェースを返さない、今どきのギアに合ったスイングを実践 (1/2ページ)

 香田さんのいいところは、リストを無駄に使わないことです。デシャンボーのようなノーコックスイングで、ダウンスイングでも手首の角度が浅く、腕とシャフトとが一体になって下りてきます。

 また、インパクトでも手首でヘッドを返すのではなく、腕が伸びきらない五角形の形をキープしつつ、そのままインパクトゾーンを掃いていくような感じで振っています。

 この特徴を全てのショット、全ての番手で生かしていけば、大きなミスは出ないはずです。

 ところが、当の本人はこの良さを理解していないようです。実際、インパクトのときにリストワークを使ってフェースをターンさせようとか、もっと手首の角度を大きく作ってタメを作ろうとしています。そしてそれが、結果的にはとんでもないミスを生んでいます。

 なぜ、普段はいいスイングでいいショットを打っているのに、球をつかまえにいってしまうのか。

 その原因はアドレスにあります。構えたときにカカト体重で椅子に座るようにお尻を下げてしまっているのですが、その態勢でクラブをセットしているのが大きな問題点といえるでしょう。

関連ニュース