記事詳細

【最先端アマチュアスイング】パッティングの精度向上 正しい軌道はインサイドアウト (1/2ページ)

 今回は、パッティングにおけるストロークの軌道についてお話ししましょう。

 ストロークの軌道については、いろいろな考えがあります。真っすぐ引いて真っすぐ打ち出す「ストレートの軌道」で打つべきだという人もいれば、ショットと同じように「インサイドインの軌道」で動かすべきだという人もいます。

 一般的に多くのゴルファーが正解だと思っているのは、ストレートの軌道ではないでしょうか。ヘッドを真っすぐ引いて真っすぐ動かせば、自分が決めたターゲットに対して確実に打ち出せそうです。

 しかし実際は、そうはいきません。なぜなら、今回のパッティングレッスンの第1回目でもお話ししたように、どんな形状のパターであっても、フェース面というのは、写真〔1〕のように自分では真っすぐにセットしたつもりでも、わずかに左を向いている(同〔2〕)からです。だから、上から見たままに真っすぐ引いて真っすぐ打ち出したとしても、フェース面は左を向いたまま動いていき、ボールを左に引っ掛けてしまうことになるからです。

 そうならないためにも、「左を向いていること」をきちんと計算してヘッドを動かさなければいけません。具体的には、インパクトでフェース面が真っすぐになるように、“インサイドアウト”の軌道で動かす必要があります。そうすれば、フェース面はスクエアにボールに当たり、狙った方向に転がるわけです。