記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】三隅直人の第7条 弾道を高低打ち分ける練習法 (1/2ページ)

 ゴルフ練習場では、弾道の高低を打ち分ける練習もしています。弾道の高低はフェース向きもアドレス向きも通常ショットどおりにスクエアにセットし、ボール位置だけを変えてショットしています。

 低い弾道を打つときはボール位置を右足寄りに、高い弾道を打つときは左足寄りにセットします。通常位置よりもボール3個分は極端にセットしながら、スイングは変えないのが独自の練習法かもしれません。

 最初からフルスイングでは打たず、右腰から左腰までのハーフスイングでボールをとらえる感覚を養います。慣れてきてからフルスイングしますが、決してドラコン専用のショットドリルではなく、アイアンやウエッジでも実践し、コースラウンドでのショットバリエーションを増やしたい思いから練習しています。

 ドラコン用に練習することはなく、コースラウンドのためのショット練習の延長線上にドラコン競技でも通用するスイングが作られるのが僕の理想。ですから、コースラウンドでは練習場での成果を試すために、ドライバーで意図的に球筋も弾道の高低も打ち分けるようにしています。コースには林や池などさまざまな障害物があります。ミスショットはスコアに響くというプレッシャーを感じながらトライすることが、ドラコン競技会でも役立ちます。

関連ニュース