記事詳細

貴景勝、一挙17キロ減でカド番脱出なるか 初場所の途中休場で親方衆から「太りすぎ」

 場所前の健康診断で行われた身体測定の結果が1日に発表され、大関貴景勝(24)=常盤山=は体重166キロ。一挙17キロ減でカド番脱出に挑む。

 昨年秋場所前の測定で14キロ増の183キロと大型化し、続く11月場所で2度目の優勝。ところが年が明け、綱取りの初場所で左足首を痛めて2勝8敗で途中休場すると、親方衆から「太りすぎ」と厳しい声が上がった。一転の大減量で再起を図るが、力士でもこれだけ激しい体重の変動は異例。全幕内力士でも千代大龍の14キロ増、志摩ノ海の9キロ減が目立つ程度だ。

関連ニュース