記事詳細

衝撃!猪木氏の“激ヤセ”闘病動画公開 「元気ですかー!と言えるように頑張っていきます!」

 元プロレスラー、元参院議員で「燃える闘魂」アントニオ猪木氏(78)が1日、ユーチューブの公式チャンネルやツイッターで、闘病中のリハビリの様子を公開した。

 猪木氏は昨年7月、心臓の動きが悪くなると心不全にもつながる難病「心アミロイドーシス」を患っているとツイッターで告白。今年1月15日には腰の治療で入院すると明かしていた。

 1日に投稿された動画は約1分間で、猪木氏はパジャマ姿で病室とみられるベッドに腰を下ろし、療法士の介添えを受けながら懸命に腕を後ろに回そうとしている。レスラー全盛期よりはかなりやせた印象だが、それでも気力を振り絞り、回復に努めている様子だ。

 「猪木!、ボンバイエ!」と、おなじみのテーマ曲「炎のファイター」に乗せ、「今日も一日リハビリ中! アントニオ猪木最強の敵と今闘っています。自分自身です。早く元気を取り戻して皆さんにメッセージを送りたいと思います。元気ですかー!と言えるように頑張っていきます!ありがとー!」との字幕がつづられている。

 ネット上には《元気があれば 病気も治る》《早く元気になってください 元気にならないと、逆にビンタしますよ》といった応援や励ましの言葉が寄せられた。

 赤いマフラーを首にかけた元気な姿で再び「1・2・3・ダァーッ!」と決めてくれる日が来るのをファンは皆、待っている。