記事詳細

【松本秀夫 プロ野球実況中継】「ショウアップナイター」元バイトが巨人の新人ウグイス嬢に 30年前の“ウグイス野郎”は1試合限りでお役御免

 首都圏のオープン戦が始まりました。上限5000人とはいえ、有観客になるとなんだか気持ちが高まります。

 今日はこれまた、球春を彩るウグイス嬢について書きます。

 先日、ジャイアンツが発表した42年ぶりの新人ウグイス嬢3名のうち、高橋みずきさんは一時期、ニッポン放送「ショウアップナイター」のデータ整理のバイトをされていたことがあったんです。明るく活発で、三度の飯より…というくらい野球が大好きなお嬢さんでしたし、学生野球のウグイス嬢もやっていましたから、今回の件は願ったり叶ったりでしょう。

 子供の頃から巨人戦はよくテレビで見ていましたが、「3番ファースト王」というウグイス嬢(務台鶴さん)の声は、いまだにはっきり脳裏に焼き付いています。長きにわたって球場を象徴する声となっていく彼女たちの存在は、ファンにとってもすごく大きいでしょう。

 ちなみに今から30年ほど前に、私もウグイス嬢ならぬウグイス野郎(?)をやらせていただいたことがあります。ロッテの鹿児島キャンプを取材中に紅白戦があり、当時の金田正一監督に「あんた、アナウンサーやったな。ちょっと場内アナウンスをやってくれんか」と言われ、いきなり放送室に連れていかれたのです。見よう見まねでやってみたものの、微妙にタイミングが違うんでしょうね。選手がノッキングしてしまうようなシーンが何回かあり、1試合限りでお役御免となりました(笑)。

 さて、現在の東京ドームのウグイス嬢といえば、皆さんの耳にもすっかり馴染んでいるでしょう、渡辺三保さん、山中美和子さん、お二方の声。ともにドーム内でお会いすると、陽気に話しかけてくださる気さくな方々です。ウグイス嬢の仕事は一朝一夕ではないと思いますが、よき先輩たちの指導で新人の皆さんが少しずつ育っていくのが楽しみです。(フリーアナウンサー・松本秀夫)

関連ニュース