記事詳細

【勝者のワザ】上半身ターンで意識すべき箇所は肩ではない WGCワークデイ選手権優勝、コリン・モリカワ (1/2ページ)

 WGCワークデイ選手権最終日、首位でスタートしたモリカワが、そのまま逃げ切って全米プロ以来のツアー4勝目を挙げた。元アマチュア世界ランキング1位。プロ転向後も順調に実績を積み上げている。ワークデイ選手権の優勝で世界ランクは4位に浮上した。

 バランスのよいスイングのカギになるのは、ぶれない軸。軸をキープするには、重要なポイントがある。

 アマチュアゴルファーの場合、上半身をターンさせようとするとき、「肩を回せ」と教えられた人、あるいは、それを意識している人が多いのであるまいか。実は、それが、軸をぶらし、前傾角度を崩す大きな原因になっている。バックスイングで左肩を大きくターンさせようとして、軸が右に動いてしまう(スエー)。ダウンスイングでは右肩を大きくターンさせようとして上半身が突っ込む。

 モリカワは、肩ではなく胸郭の動きで上半身をターンさせる。椅子に浅く腰掛け、上半身を前傾させた状態で胸を飛球線後方に向けていく。同様に肩をターンさせる。このふたつの動作をやってみると、前者の方が、強く、大きく捻じれていることを実感できる。戻すときも同様で、肩をターンさせていくよりも左胸郭を開いていくようにすると、顔は正面を向けたままで上半身を捻り戻す感覚をつかめる。

関連ニュース