記事詳細

東京五輪・パラリンピック、海外客の受け入れ断念へ

 政府は、東京五輪・パラリンピックで海外からの一般観客の受け入れを見送る方針を固めた。複数の関係者が9日、明らかにした。来週にも政府、大会組織委員会、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表による5者協議を再度開き、確認するとみられる。

 観客は日本国内の居住者に限定する方向で、上限は政府のイベント制限の方針に準じて4月中に決める。会場の収容人数の50%とする案などが検討されている。

 新型コロナウイルスの変異株が確認され、現在は外国人の新規入国を原則、認めていない。今後の感染状況も見通せず、世論の不安も強いことから一般観客の入国は難しいと判断した。政府高官は9日、海外観客の対応を速やかに決める必要があるとの認識を示した。