記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】王会長が築き上げたソフトバンク“新トロイカ内閣” 工藤監督、小久保へッド、城島特別アドバイザーの三者三様の妙 (2/2ページ)

 「藤田さんは初めての監督経験。次はオレが監督という路線だったので、V9川上監督を支えた名参謀の牧野さんをへッドコーチに招いたのだろう。作戦面で藤田監督を全面サポートさせ、同時に、オレにも帝王学をマスターさせる狙いだったのだろう。が、オレに関して言えば、助監督は全く勉強にならなかった。ベンチで2人がどんなサインを出すか、見ているだけ。実際に、自分でサインを出さないと勉強にならない。二軍監督なら、失敗してもそれほど叩かれないだろうしね」

 そんな巨人時代の体験がある。それだけに、ソフトバンクの王球団会長の新トロイカ体制は新鮮で三者三様の妙がある。工藤監督、小久保新へッドコーチ、城島特別アドバイザーがそれぞれの持ち味を出し、V9川上巨人超えに挑む。

 苦い体験があったからこそ、ホークス監督、球団会長として常勝軍団を築き上げることができた。今季は王流新トロイカ内閣が最大のセールスポイントになる。(江尻 良文)

関連ニュース