記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スイング分析~石川怜奈 テークバックでは体重を右足太モモ内側で受け止める (1/2ページ)

 私がスイングの際、常に意識していることが2つあります。

 1つは、テークバックの際、右サイドにスエーをしないようにすることです。スイングの始動の時点で重心が右に流れると軸がブレてしまい、体が先に開いてヘッドが戻らず、ミスショットになってしまうからです。

 そうならないために意識しているのが、テークバックのとき右足太モモの内側で力を受け止めること(写真)。クラブを振り上げると同時に右足太モモにグッと力を入れて、右に流れるのを防いでいます。

 特にクラブが長くなるほどテークバックで流れやすくなるので、ドライバーショットのときは全神経を右足太モモに集中しています。

 もう1つ気をつけているのは、スイングのテンポです。常に同じリズムとテンポで振るように心掛けているのですが、基本的には、ゆったり振るように意識しています。そうすることによって、スイング軌道が安定し、芯に当たる確率も高くなるからです。

 この点に関しては、難しいショットのときほど強く意識するようにしています。

 例えば、フェアウエーバンカーだったり、極端な左足下がりといった厳しい状況の場合、「このショットを早く終わらせたい」という気持ちが強くなって、打ち急いでミスをしてしまうからです。

関連ニュース