記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スイング分析~澁澤莉絵留 左足重心で構えたら体重移動をしないで打つ (1/2ページ)

 ボールを打つときにいつも意識しているのは、構えたときから重心を左側に置いておくことです(写真〔1〕)。重量配分でいえば左6対右4ぐらい。そしてその重心をトップ~インパクト~フィニッシュまで動かさないことです(同〔2〕〔3〕)。

 つまり左足に重心を置いたら体重移動を全くしないということで、これをアプローチからドラバーショットまで全てのクラブでやっています。そもそもこの打ち方を始めたのは、私の場合、両足均等の構えか普通の体重移動をして打っていたら、右にも左にも曲がる球が出ていたからです。

 体重移動のタイミングがずれて、体よりも手の動きが先行してしまうと左に引っかかり、逆に体の開きが早くなると右に曲がってしまう。それを矯正するために重心を左に置いて打ってみたら、球が暴れることがなくなったので、それ以降は左サイド重心のまま打つようにしています。

 最初から左足に重心を置いた打ち方だと、体重移動をしない分、飛距離が落ちるのではないかと思われる人も多いと思いますが、そんなことはありません。むしろその逆で、軸が安定して回転運動のスピードが上がることもあり、コンパクトなスイング&軽い力であるにも関わらず、以前より飛距離が出るようになりました。

関連ニュース