記事詳細

【阿部耕三 英語名言自己流翻訳術】宙に浮いたマエケン 日本人6人目となる名誉のメジャー開幕投手に指名

 “It's not the easiest decision when you have so many good options,but truly, this year, Kenta put himself in position to start the first game for us.” 

 「いい選択肢がたくさんある中での決断は決してたやすくなかったが、今年の開幕投手はケンタ自身がつかみとったものだ」

 メジャー移籍6年目でツインズの開幕投手に指名された前田健太投手(32)について、ロコ・バルデリ監督がこう説明。昨年まで2年連続で開幕投手だったホセ・べリオス投手を押しのけての抜擢は、あくまで前田の努力の結果と実力だと強調した。

 日本人メジャーリーガーの開幕投手は野茂英雄、松坂大輔、黒田博樹、田中将大、ダルビッシュ有についで6人目。前田は会見で、喜びを「少し宙に浮いているくらい」と表現した。メジャーで開幕投手になることが、いかに名誉なことか、この言葉で、改めて知らされたファンも少なくなかったろう。

 ちなみに前田の通訳氏は、「宙に浮く」を「I may be floating a little bit」と訳した。 (阿部耕三)

関連ニュース