記事詳細

羽生、完璧演技!! 106・98点でSP首位スタート フィギュアスケート世界選手権

 フィギュアスケートの世界選手権第2日は25日、ストックホルムで行われ、男子ショートプログラム(SP)で4年ぶり3度目の優勝を目指す羽生結弦(26)=ANA=が完璧な演技で106・98点で首位に立った。

 ジャンプは冒頭の4回転サルコー、4回転トーループ-3回転トーループ、トリプルアクセルをすべて高い完成度で成功させた。今大会で跳ぶ予定だったクワッドアクセル(4回転半)は、大会出発直前に断念を決めたが、「はいつくばってやってきた感じなので残念だが、この子(演目)自体は表現できたし、今日は今日で出し切れた。(フリーに向けて)万全な体調で、目指している演技を一つ残らずここに置いてこられたら」と羽生。

 初代表の鍵山優真(17)=神奈川・星槎国際高横浜=も2種類の4回転に成功し、自己ベストを更新する100・96点で2位と健闘した。3連覇を狙うネーサン・チェン(米国)は4回転ルッツで転倒し、98・85点で3位。宇野昌磨(トヨタ自動車)は転倒し、92・62点で6位となった。

 27日にフリーを実施する。

関連ニュース