記事詳細

大坂なおみ、大会初のベスト8進出 女子テニス・マイアミOP

 テニスのマイアミ・オープンは29日、米マイアミで女子シングルス4回戦が行われ、第2シードの大坂なおみ(23)は第16シードのエリース・メルテンス(25)=ベルギー=を6-3、6-3のストレートで破り、大会初のベスト8進出を果たすとともに、連続勝利を23試合に伸ばした。

 第1セットは強烈なフォアハンドでリードし、最後は珍しいジャンピングバックハンドの“ジャックナイフ”も見せて先取。中継のテレビ局は「錦織のようだ」と評した。第2セットはメルテンスが右肩の違和感を訴え、タイムアウト後もサーブに苦しむメルテンスを2度ブレークした。試合時間は1時間29分。

 フロリダ州を拠点にしている大坂は同大会に5度目の挑戦。「子供のころからなじみのある大会で(初めて)準々決勝に進めたことは、自分にとって非常に大きい」。準々決勝で第23シードのマリア・サッカリ(ギリシャ)と第29シードのジェシカ・ペグラ(米国)の勝者と対戦する。