記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】大本命・ソフトバンクの開幕4連勝で早々と包囲網が必要なパ・リーグ

 リーグ連覇、5年連続日本一を目指す大本命のソフトバンクが、いきなり開幕4連勝。サプライズこそが勝負の世界の面白さなのに、大独走を許したらシラケるだけ。5球団はソフトバンクの快進撃阻止が急務だ。

 2年連続負け越していた苦手のロッテに開幕3連勝。しかも、2試合連続サヨナラ勝ちのオマケつき。鬼門のはずが軽くクリアしてしまった。

 実は、本拠地でのロッテ戦に限れば、クライマックスシリーズ(CS)を含めると10連勝という内弁慶ぶりなのだ。オリックスは昨季、17勝5敗とカモにしている。 

 ホームタウンという地の利だけではない。

 「小久保へッドやロッテ・井口監督、松中、城島、秋山さんらが並んだダイエー(当時)打線より上」

 ホークスOBがこう太鼓判を押す。その通りの結果とも言える。他球団は、まだ開幕したばかりなどと悠長なことを言っている場合ではないだろう。

 それなのに、昨季リーグ3連覇をソフトバンクに阻止され、2位に終わった西武など信じられないハプニング。

 日本ハム戦(札幌ドーム)で今季1号2ランを放った中村が、一塁ベースを踏んだ際に、体勢を崩し、その裏の守備から交代した。昨季、右足首を負傷しているというのに、またまたアクシデント。こんなことでは、ソフトバンクの独走阻止など期待できないだろう。

 5球団はソフトバンク包囲網を敷くなど緊急ソフトバンク対策が必要だ。(江尻良文)

 

関連ニュース