記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】澁澤莉絵留 左手小指を離してショット練習 (1/2ページ)

 みなさんは、「手打ちになっている」と言われたことはありませんか。ボールを目の前にすると、ついつい「打たなければ」という気持ちが強くなり、手が余計な動きをしてしまいがちです。アマチュアゴルファーの中にはそういう人が多いのではないでしょうか。そういう私も、知らず知らずのうちに手打ちになってしまっていたということがよくあります。そうならないために意識しているのが、スイング中、クラブの重さを感じながらクラブを振ることです。

 クラブの重さを常に感じるようにすれば、クラブ主導のスイングになるので、手だけが勝手に動くことはなくなるからです。

 さらに付け加えれば、「芯に当てよう」とか、「強くたたこう」というようなことは一切考えず、クラブを上げて下ろすだけだという意識で振るようにしましょう。スイングの通過点にボールがあると考えて、目標に向かって振り抜く。よく言われるように、クラブに仕事をさせればいいのです(写真〔1〕)。

 このスイングを身に付けるために、いつもやっている練習があります。それは、クラブを握ったあと、左手の小指をグリップから離してボールを打つ練習です(同〔2〕)。

関連ニュース