記事詳細

巨人・野上、エース菅野の代役キッチリ 「不良債権」から一転、コーチも激賞 (2/2ページ)

 「早めに抹消したほうが次にあげるチャンスが早い。素晴らしい投球をしてくれた。ただ先というのはもう埋まっているんですね。智之も帰ってこれるし、戸郷も今村も調子がいい。となると抹消というしか選択肢がなかった」と残念がるが、得点力不足にあえぐ打線と裏腹に先発陣は2回持たずKOされた井納を除いてきっちり試合を作っている。井納の穴にも2軍戦で15奪三振完封の快投をみせた畠が入る見込みだ。

 年俸1億5000万円から80%ダウンの3000万円でサインした昨年の契約更改では球団内で「それでも高い」という声も聞かれた。13年目のベテラン右腕がどこまで復活劇を遂げるかは今季のG投の見どころとなりつつある。(金額は推定)

関連ニュース