記事詳細

池江璃花子が意気込み「全力で楽しむ」 競泳日本選手権開幕

 東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権が3日に五輪会場の東京アクアティクスセンターで開幕。2日は会場で公式練習が行われ、白血病からの完全復活を目指す女子の池江璃花子(ルネサンス)は「チャレンジャーという気持ちで、全力で楽しみたい」と意気込みを口にした。

 100メートル自由形など4種目に登録した。目標は2024年パリ五輪出場とあって「東京五輪を目指している選手たちに比べてプレッシャーを感じすぎずに出られる」と落ち着いた様子。16年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した男子400メートル個人メドレーを回避した萩野公介(ブリヂストン)は「(個人メドレーは)200メートルに集中することに決めた。悔いがないように精いっぱいやりたい」と話した。

 男子の瀬戸大也(TEAM DAIYA)は個人メドレー2種目で代表入りを決めており「昨年の調子が良かった時と比べて7割程度に戻ってきた。タイムが楽しみ」と語った。

関連ニュース