記事詳細

【福島良一 メジャーの旅】あれからちょうど20年…野茂の史上最速ノーヒッターは不滅の記録に (1/2ページ)

 いよいよ、大リーグも開幕。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で約4カ月遅れの開始だったが、今年は予定通り4月1日にスタート。日本人大リーガーの先駆者、野茂英雄の快投も節目の年を迎える。

 1995年近鉄からドジャースに入団。2000年タイガース時代に初の開幕投手を務め7回3失点で勝利投手。03年ド軍で2度目の開幕投手はダイヤモンドバックスの最強左腕ランディ・ジョンソンと投げ合い、見事完封勝利を収めた。

 その間、01年レッドソックス移籍1年目、4月4日オリオールズとの開幕第2戦に先発登板。電気系統の故障で開始が43分遅れたにもかかわらず、何とノーヒットノーラン達成。シーズン初登板での偉業は全米を驚かせた。

 それは96年9月17日、ド軍でのロッキーズ戦以来2度目の快挙だった。当時はコロラド州デンバーの通称「バッター天国」と呼ばれる球場。なおかつ、試合開始が雨で2時間も遅れての偉業達成。最も価値あるノーヒッターとも言われた。

関連ニュース