記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】注目のソフトバンク対楽天、パ・リーグペナントの中でしたたかな西武

 開幕したばかりとはいえ、パ・リーグの首位に立つ西武(5日現在)。リーグ連覇を目指す最強ソフトバンクと、メジャーから復帰の田中狂騒曲で注目度ナンバーワンの楽天が話題だったが、この2球団を押しのけて首位に躍り出た原動力は何なのか。

 8試合で6勝1敗1分、勝率・857。チーム打率リーグ1位の・263、防御率は2・50でリーグ2位。投打のバランスが取れているから当然の結果ではある。

 しかし、単純に投打が好調だから強い、と簡単に片づけてはいけない。本当の持ち味は、2018年、19年のリーグ連覇に象徴されるように、サプライズ、万馬券がお得意のチームであることにある。その原動力は辻監督だろう。

 辻監督は、V9川上巨人以来と言われる常勝軍団の森西武の一員として鍛えられただけではない。その森監督を師と仰ぐ、オレ流・落合監督が君臨した常勝中日で二軍監督などを経験している。

 異端派コンビの森→落合両監督という、日本プロ野球界の特異な系譜につながる辻監督のしたたかさはお墨付きだ。ソフトバンク・工藤監督も森西武の一員だったが、辻監督の足元にも及ばないだろう。

 現に、辻西武は12球団一の突出した戦力を誇る工藤ソフトバンク相手に18、19年と2年連続リーグ優勝を果たしているのだ。昨年、3度目の正直でようやく工藤ソフトバンクが辻西武に一矢を報いている。

 そんな経緯を見れば、今季も辻西武の存在を軽視することはできない。ソフトバンクも楽天もまだ本調子とはいえないが、西武も、山川穂高、栗山巧、外崎修汰ら主軸の相次ぐ離脱中。それでも辻監督は、呉念庭、渡部健人を抜擢して勝利につなげている。

 このまま簡単に逃げ切れるほど甘くはないだろう。ただ、西武の課題の投手陣がこの調子で力をつけていけば、今季のパ・リーグは面白い。 (江尻良文)

関連ニュース