記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】J1名古屋、スローガン「ウノ・ゼロ(1-0)で勝つ」だけでタイトル奪取むずかしいだろ~ (1/2ページ)

 --明治安田生命J1リーグは開幕からはや1カ月が過ぎました

 清水「名古屋がいいよね」

 --開幕7戦負けなし(6勝1分)で2位

 「ウノ・ゼロ(イタリア語で1-0)で勝つってスローガンだよね」

 --実際に1-0で4勝もしています

 「イタリア人のフィッカデンティ監督の“こうやれば勝てる!”というやり方が浸透している。お山の大将が多い名古屋の選手も、文句を言わずについていっている」

 --やり方を具体的に

 「イタリア人監督は中央を固めるやり方をするんだよ。まずGKのランゲラックが安定している。そしてボランチは広島から今季加入した稲垣もハマったね。米本とのコンビも実に手堅い」

 --稲垣は先日、29歳でA代表に初招集された

 「後ろから強烈なゴールも決められる。ノッているよ。いいね!」

 --でも名古屋には、確実にゴールを決められるストライカーがいない

 「珍しく、いいところに気が付いたね(笑)。首位の川崎は8試合で22ゴールも挙げているのに、名古屋は1試合少ないとはいえ、わずか9ゴールだけだぜ」

関連ニュース