記事詳細

ヤクルト・奥川恭伸投手がプロ初勝利 開幕前に球団OBから厳しい意見も強運生かす

 ヤクルト・奥川恭伸投手(19)が2年目でプロ初勝利。「本当にうれしい気持ちでいっぱい」と声を弾ませた。

 今季2度目の先発で5回まで10安打5失点と苦しい投球。1回二死から5連打で4点を奪われたが、打線がその裏に同点に追いつき、その後も広島のミス連発と味方の大量援護に助けられた。

 右肘炎症などで出遅れた昨季は最終戦で1軍デビュー。今季は1軍キャンプ帯同も、球団OBからは「まったく体が大きくなっていない。去年1年間、いったい何をしてきたのか。肘が悪いなら、なおさら他にできることがあったはず。本人よりもちゃんと育成できない球団の問題」と厳しい意見も出ていた。それでも外国人の来日遅れや若手投手の伸び悩みなど、苦しい台所事情からローテに食い込み、強運を生かして初白星をつかんだ。

 高津監督は「結果的に勝ちましたし、結果的に打たれた。1勝はうれしいかもしれないけど、納得はしていないでしょうし、次はどういう結果が出るか楽しみ」と期待。3球団競合のドラフトでくじを引き当てた指揮官は「間違いなくエースに育てなければいけないし、エースになってもらわなければ困る」と使命感を口にした。 (塚沢健太郎)

関連ニュース