記事詳細

池江璃花子、50自で決勝進出「やっぱり50メートルは楽しい」

 競泳の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第7日は9日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、女子50メートル自由形準決勝で、リレー2種目の代表入りが決定している池江璃花子(20)は24秒87の全体1位となり、10日の決勝に進んだ。池江は日本記録(24秒21)を持つ。派遣標準記録(24秒46)を突破して2位以内に入れば個人では初の東京五輪代表に決まる

 ハイピッチで水をかく周りの選手たちとは対照的に、池江は大きなストロークで悠々と進んだ。病気から復帰後のベストタイムを0秒04更新し「やっぱり50メートルは楽しい」。10日の非五輪種目50メートルバタフライを含めた4冠へ向け、視界良好だ。

 出遅れを問題にしなかった。ひとかきごとに、ぐいぐい伸びて他を圧倒。タイムが表示された電光掲示板を確認し、表情ひとつ変えない姿が頼もしい。「(派遣標準記録は)全く意識していない。勝ちを取りにいく」と王座奪還に集中する。

 五輪会場はメインとサブのプールが遠い。冷え性の池江は「慣れなくて体が温まらない」と準決勝前はプールで泳がず、陸上で調整した。既に8レースをこなし、疲労は色濃い。試行錯誤しながら最終日を迎える。

関連ニュース