記事詳細

ダル、今季初勝利へ熱投 パドレス2位で評判通りの大善戦

 パドレスのダルビッシュ有投手(34)は12日(日本時間13日)、敵地でのパイレーツ戦に今季3試合目の先発。オフに戦力アップしたチームは前評判にたがわず、試合前まで7勝3敗と快進撃中だ。昨季ワールドシリーズ覇者の同地区ドジャースが8勝2敗と勝率8割で1位を走っており、2位のパドレスはシーズン序盤から激しいつばぜり合いを続けている。

 ダルビッシュは、今季2試合の先発でまだ勝ち星がなく、ドジャース追撃のためには負けられない一戦。この日は、6回3安打1失点だった前回登板のジャイアンツ戦(6日)から中5日でのマウンドとなった。

 雨で20分遅れて開始。初回は三ゴロ、遊ゴロ、一ゴロ。わずか10球で三者凡退に打ち取った。2回は6番スターリングスにど真ん中に投げたカットボールを打たれ、左越え二塁打とされたが、続く7番ファウラーを96マイル(154キロ)の速球で空振り三振に仕留めた。

 1点をリードした3回に、2番エバンスに適時二塁打を許して同点に追いつかれた。

 相手先発はベテラン右腕のトレバー・ケーヒル(33)。今季初登板となった6日のレッズ戦では4回7失点と乱調で黒星を喫している。

 

関連ニュース