記事詳細

【清水秀彦 そういうことだろ~】VAR判定を見直さないと審判全員AIになっちゃうよ

 --11日のイングランド1部プレミアリーグ第31節で、マンチェスターUのゴールがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の結果、トッテナムの選手へのファウルがあったとして取り消され物議を醸しています

 清水「VAR導入でどの国の審判団も迷っているよね。プレーするのは選手、ジャッジするのは審判。VARに頼りっきりは絶対によくない」

 --今季日本では明治安田生命J1リーグにだけ導入されています

 清水「W杯や欧州リーグでやっているから日本も、というやり方には俺は反対だね」

 --7日のJ1第8節では、FC東京のFWを倒した札幌のDF対し、主審は警告を出した後にVARを見て退場にした

 「DOGSO(ドグソ=決定機阻止)の対象になるか、ならないかという場面だったけど、東京側が主審に抗議してVAR判定になっている。それはどうなのと思うね」

 --サッカーは主審の判定が最終決定

 「その通りさ。審判がもっと主張して判定した方がいい。何かあればVAR頼みになっている。究極なことを言わせてもらうと、このままいけばサッカーの審判が全員AIになる時代がくるよ」

 --一方でVAR対象外のJ2では、誰が見ても誤審という判定が。3月28日の第5節で、群馬の選手がまったく手を使ってないのにハンドで退場

 「JリーグでVARをやるというなら、J2もプロなんだから導入しなきゃおかしいよね。この試合がそれこそ、J1昇格を決める試合だったら…。ごめんなさいですまない話よ」

 --毎年Jリーグは誤審問題が起きる

 「こうなったら、Jリーグのプロ審判と監督や選手が集まって徹底的に議論すべきさ。審判の判定は絶対に覆らないのがサッカーだけど、誤審を受けて選手はクビになり、監督だって解雇になることもある」

(元J1仙台監督=聞き手・久保武司)

関連ニュース