記事詳細

パリSGとチェルシーがベスト4入り 欧州CL

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日、パリなどで準々決勝第2戦が行われ、前回準優勝のパリ・サンジェルマン(フランス)とチェルシー(イングランド)がベスト4入りした。

 パリSGはホームで昨季王者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)に0-1で敗れたが、2戦合計3-3でアウェーゴールの数で上回った。Bミュンヘンのチュポモティングに先制点を決められたが、追加点を奪えなかった。攻撃は鋭く、ネイマール、エムバペが何度も相手ゴールを脅かした。DF陣をまとめたキンペンベは「パリSGは年々、日ごとに成長している」と誇らしげだった。

 チェルシーはポルト(ポルトガル)に0-1で敗れたが、2戦合計2-1で7季ぶりの準決勝進出を果たした。

関連ニュース