記事詳細

元関脇・麒麟児が多臓器不全で死去 

 大相撲の元関脇麒麟児で、激しい突っ張りの名力士だった垂沢和春(たるさわ・かずはる)さんが3月1日に多臓器不全のため自宅で死去したことを日本相撲協会が13日、発表した。67歳だった。

 1967年夏場所で二所ノ関部屋から初土俵を踏み、74年秋場所に新入幕。故北の湖や2代目若乃花(ともに元横綱)らと同じ昭和28年生まれで「花のニッパチ組」として土俵を沸かせた。

 75年名古屋場所で新関脇となり、幕内通算在位は84場所。三賞受賞は11度で、金星6個を獲得した。

 88年秋場所を最後に35歳で現役引退後、北陣親方として二所ノ関部屋で後進を指導。NHKの大相撲中継やサンデースポーツでは爽やかな語り口の解説で人気を集めた。

 しかし相撲協会関係者によると、糖尿病と腎臓病を患い、2015年夏ごろには頭部の腫瘍摘出手術を受けた影響で顔面にまひの症状が残り、体調が悪かったという。以降はテレビ解説から遠ざかり、17年に文化放送の大相撲トーナメントで解説を務めたのが最後となった。

 65歳の定年後も、70歳までは再雇用で日本相撲協会に残れるが、恒例の定年会見も行わず、18年3月にひっそりと退職していた。

関連ニュース