記事詳細

【田所龍一 虎番疾風録 Vol.91】巨人・江川の接触事故おとぼけ「騒動」 囲み取材で嘘つき、「ボクを陥れようとしている」と悪態発言 (1/2ページ)

 昭和55(1980)年、筆者は一人の女の子に夢中になっていた。

 ●(=歌記号)いまのキミはピカピカに光って~というCMソングにのって、木陰でTシャツとジーンズをはにかみながら脱ぎ捨てるちょっと太めの女の子。筆者より2歳年下の21歳。後に女優になった宮崎美子である。

 4月末から流れ始めたミノルタ・カメラX7のコマーシャル。『心にふれたらシャッターを押そう。』のキャッチコピーの狙い通り、ニコッとほほ笑んだ彼女に、心を触れられた男性たちは多かった。

 昭和33(1958)年12月生まれ。当時、熊本大学法学部政治学科の4年生。写真家・篠山紀信がシリーズで撮っていた週刊誌の表紙「キャンパスの春」のモデルに採用され、その写真がスポンサーの目にとまった。第1弾の「ジーンズ脱ぎ」の他にも「水まき編」「フリスビー編」「ハンモック編」など胸キュン作品が次々に…。〈こんな子が彼女にほしいなぁ〉と思ったものである。

関連ニュース