記事詳細

レアル&マンC4強入り サッカー欧州CL

 準々決勝第2戦が14日行われ、レアル・マドリード(スペイン)とマンチェスター・シティー(イングランド)がベスト4入りした。

 Rマドリードはアウェーでリバプール(イングランド)と0-0で引き分け、2戦合計3-1で優勝した2017~18年以来の準決勝進出。前半2分のピンチはGKクルトワが好守を見せ、中盤の底でカゼミロがにらみを利かせた。「試合をうまく制御し乗り切った」とジダン監督は。

 マンチェスターCは敵地でドルトムント(ドイツ)に2-1で逆転勝ちし、2戦合計4-2で5季ぶりの4強入り。就任5季目で初めてベスト4のグアルディオラ監督は「言葉に表せない」。

 準決勝の組み合わせはRマドリード-チェルシー(イングランド)、パリ・サンジェルマン(フランス)-マンチェスターCとなった。

関連ニュース