記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】効果的な練習で上達するには(2) 良いインストラクターの見分ける5つの条件

 ゴルフは自分ひとりだけの練習では勘違いや錯覚が起こるため、上達の効率はあまりよくないといわれています。そのため最近は、ツアー選手でさえもコーチに頼るケースが増えています。

 一般ゴルファーはなおさらのこと、自分と相性が合う良いインストラクターを見つけるべきです。

 そこで、今回は良いインストラクターの見分け方を教えましょう。

 まず、1回のレッスンの間にたくさんのことを指示せずに、要点を絞ったアドバイスが行えて、指導の手順も明確になっていること。そして、情報量や知識が豊富でも、それをひけらかすことなく生徒のレベルに合わせて、それぞれが理解できる範囲で大事なことが伝えられているかどうかがポイントです。

 また、生徒が受身的にただ従うのではなく、知的に工夫しながら練習ができ、その間の頻繁な問いかけによって生徒が内面で感じていることを自由に表現できる雰囲気を作り出せているかどうかも重要です。

 これらを要約すると、良いインストラクターとは指導の技術的内容が優れているのは当然のことながら、

 (1)良い手本を見せることができる

 (2)生徒の個人差を考慮してそれぞれに合った表現方法を使い分けられる

 (3)明解で筋の通った指示が順序良く的確にできる

 (4)意味ある問いかけによって豊かなコミュニケーションが取れる

 (5)よく褒めて、めったに批判しない(「褒める」割合は「批判」の20倍)

 という条件を満たしていることが大事です。

 効率の良い上達を望むのなら、自分と相性が合う良いインストラクターに出会うために、何人かのレッスンを受け、それぞれを比べてみることをお勧めします。

関連ニュース