記事詳細

【新発想 2重振り子スイング】アドレスを覚える前にハーフショットを理解する (1/2ページ)

 通常のレッスンでは、アドレスの方法を教えてからボールを打つというのが一般的ですが、私の場合は、先にハーフショットを経験してもらいます。

 その理由は、アドレスというのは、正しく動くためにやるものだから。“何が正しい動き”なのかが理解できていないと、その動きに対するスタート地点というのはイメージしにくいと思うからです。

 さて、そのハーフショットですが、単に小さい振り幅でポンポン打つというわけではありません。

 まずは左腕を下に垂らし、左股関節の前に左の手首を持ってきてクラブを持ちます。脱力して腕を垂らすと、手のひらは身体の方を向くため、その手のひらの向きを変えないようにクラブを握ってから、両手でグリップします(写真〔1〕)。

 リーディングエッジは背骨とほぼ平行の関係になります。直立していればトウは真上を向きますが、上体を前傾させるので、フェースは少し下を向いているのが正しい位置。アドレスのレッスンはやっていないので、大ざっぱでかまいません。前傾は両ヒザを少し緩め、お辞儀をするだけです。

関連ニュース