記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】時松隆光 どのクラブでもテークバックは真っ直ぐ、ゆっくり (1/2ページ)

 僕のスイングを見た人から、「テークバックはゆっくり慎重にクラブを上げていますね」とよく言われます。確かに、他のゴルファーに比べると、かなりゆっくりしたスピードでテークバックの始動を行っているのがスイングの特徴になっています。

 とはいえこれは、自分自身で意識しているわけではなく、ゴルフを始めたころからの動き。つまり長年、この“ゆっくり”テークバックをしているわけで、完全に体に染みついてしまっています。そういう点でいえば、プロゴルファーでは珍しい10フィンガーグリップと同じようなものかもしれません。

 しかし、このテンポが体に染みついているおかげで、安定したスイングになっているとも言えます。

 たとえば、ゆっくり上げることによって、常に一定のリズムとテンポができています。だから、緊張した場面でも打ち急ぎになることがなく、自分のスイングができているようです。

 このように僕の場合は、自然と同じリズムとテンポで打てるようになっているわけですが、アマチュアゴルファーの皆さんは、そのことをもっと強く意識したほうがいいかもしれません。実際、皆さんのプレーを見ていると、リズムとテンポが狂ってしまったことによって大きなミスをしているケースが多いからです。

関連ニュース