記事詳細

【勝者のワザ】マスターズ優勝・松山、ドライバーのスイングからある動きが消えていた!!

 「いけそうな気がする。勝とう」

 これは、マスターズ前日、松山がキャディーに語ったセリフだった。これまで取り組んできたスイング改造、修正に確かな手応えを感じ取っていたからに他ならない。

 従来のものから目に見えて変わったところは、トップスイングの動きだった。松山のスイングといえば、トップでいったん止まってから切り返していく独特なモーションがあった。それが、今年になってトップまでいったら、すぐに切り返される動きに変わっていた。スイングが滑らかになり、スムーズな加速感が伝わってくるようになった。

 この変化の裏には、どんな試みがあったのか。

 松山は、アイアンショット精度の高さで、USPGAツアーの選手たちからも「トップクラス、いやトップにいる」と評価されていた。

 そのアイアンショットに比べるとドライバーショットのレベルは、やや低く、ときどきミスショットが出ていた。

 だったら、ドライバーのスイングもアイアン型に近づけたらどうか。

 実は、松山よりも早くからこのテーマに取り組んでいたのが石川遼だった。石川は「だいぶイメージに近づいたけど、練習ではできても試合になると自信をもって振れるレベルには届いていない」と明かしている。

 アイアンは、やや左足体重で。ドライバーは、やや右足体重で構えてスイングするのが正しいとされてきた。

 アイアン型に改造するには、どうしたらいいのか。答えは、松山のアドレスにある。

 下半身は、やや左足体重にする。上半身は、左足の上に乗せるのではなく、スタンスの中央にくるように。傾けるのではなく、パントマイムのように腹腔を右に移動させることで軸が傾いてしまう動きを抑える。軸の傾きが強くなると、右ヒザが内側に絞り込まれて動作を阻害してしまう。松山のように上半身をパントマイムのように右に平行移動させると、強固な軸ができる。そして、右足は支柱のようになってバックスイングで右への動きを完全に制御できる。

 アイアン型のアドレスを取り入れることで、バックスイングでは、左ヒザと上半身ターンが引っ張り合う格好になり、より強いワインドアップが行われる。そして、ダウンスイングでの切り返しで、左への重心移動は、左足を踏み込むだけで完了させ、すぐに左ヒザを伸ばすことでより大きな地面反力を得ることができる。

 こうして、松山はスムーズで素早い切り返しを完成させ、スピード&パワーをアップさせた。

●松山の使用ギアとスペック

1W=スリクソン ZX5(9.5°)

アイアン=スリクソン Z-FORGED(#4~PW)

ウエッジ=クリーブランド RTX4 FORGED(52°,56°,60°)

ボール=NEW「スリクソン Z-STAR XV」

キャディバッグ=スリクソン GGG-S169L(グリーン)

関連ニュース